オルテガ柄、ノルディック柄について

オルテガ柄、ノルディック柄について

こんにちは。
ここ最近は涼しい日が続きましたが、おかげで秋が感じられるようになりました。そこで、本日は秋、冬にぴったりのオルテガ柄、ノルディック柄について特集したいと思います。

 

まずオルテガ柄についてですが、オルテガ柄とは米国・ニューメキシコ州・チマヨ村のスペイン系移民であるオルテガ一家によって伝えられてきた手織物の柄だそうです。

s__8970244

オルテガ柄はニットやスカート、ポンチョ、小物など様々なアイテムに用いられていますが、少し紹介してみようと思います。

s__8970246
オルテガ柄のポンチョです。色合いがとても可愛らしいです。

s__8970243
オルテガ柄のピアスです。こちらは秋、冬に限らず夏にもつけられそうです。

 

続いてノルディック柄についてです。ノルディック(Nordic)とはもともと「北欧の」「北欧風の」という意味があります。 ノルディック柄とは、雪、雪の結晶、トナカイなどを北欧らしいモチーフ、幾何学模様などを用いた伝統的な柄のことを言うそうです。

img_1340
ノルディック柄は靴下やニットに用いられているのをよく見ます。こちらも少し紹介してみようと思います。
img_1341
ノルディック柄のニットです。大きなトナカイの柄が可愛らしいです。

img_1342
ノルディック柄の靴下です。冬には欠かせないですね。

 

これからの季節にぴったりのオルテガ柄、ノルディック柄について特集しましたが、ぜひみなさんも秋冬コーデに取り入れてみてください。

********************************************************************H.S.

Twitterにてスナップ撮影やブログ更新の情報をつぶやいています!!

よろしければフォローお願いします。

@ENJIwu

*ENJI Facebook*

https://www.facebook.com/enji.w.u