日本語ラップって?

日本語ラップって?

近頃日本では久しぶりの「ラップ」ブームが訪れている。YouTubeのヒップホップアーティストのMVの再生回数は多いもので100万回以上再生されていたりする。また深夜帯の番組ではあるが、フリースタイルバトル(ラップをして技術面等を対戦相手と競うもの)が毎週放送されている。

こうした時代の流れからインターネットなどで「日本語ラップ」という言葉を多く目にするようになった。

 

私は「日本語ラップ」というくくりが嫌いだ。

 

なぜなら当のアーティスト達がしている音楽はラップなんてものではない上に、音楽を届けるエリアを日本に絞っているわけではないからだ。

 

たしかに便宜上そのくくりを使うのは仕方ないかもしれない。海外のヒップホップはもちろん日本より歴史があり、膨大な楽曲が生まれているため、それと区別をしないと日本人の楽曲を見つけられないかもしれないのだ。

 

しかし日本人ヒップホップアーティスト達がしている音楽はラップではなく生粋のヒップホップである。

 

私の中のヒップホップの定義は「ストイックな姿勢を持つ音」だ。決してそれっぽい音を使っているからほかのジャンルと区別されるわけではないと考えている。

この定義において日本人でもアメリカ人でもイギリス人でも何も関係ない。ヒップホップという土俵の上で、最高にかっこいい音を求めて日々アーティストは楽曲制作をしている。この場において人種の違いは問題にならない。

 

こうしてみると「日本語ラップ」というくくりはまるで日本人アーティストはその土俵に乗っていないような扱いをしているように見えないだろうか。

 

気にしていない方が多数だと思うが、この言い方はとてもアーティストに失礼だと思う。その上日本はヒップホップという音楽ジャンルにおいて決して海外に引けを取らない。

実際日本人アーティストのkohhは海外アーティストの新譜にフューチャリングとして参加したりしている。ひとつのかっこいい音楽に足を引っ張るような人物をわざわざ採用したりしない。つまりもうすでに日本はひとつのシーンとして認められてきているのだ。

 

ヒップホップという音楽は特に商業からかけ離れていて、実際のライブ活動であったり、楽曲のクオリティ、など本人の実力なしには人気を得ることはできない。また、リアルタイムで自分がかっこいいと思えるような人達が実際に人気を得る過程を見ることができる。「日本語ラップ」という見方ではなく、ヒップホップとして聞くことでアーティストたちに本当のリスペクトを払うことにつながると思う。

 

一つの音楽ジャンルが成長する過程を見ることはなかなか経験できないことだ。しかし思考停止していては何も感じることはできない。本ブログで扱っている「日本語ラップ」から、ヒップホップのブームへ進む過程は日本におけるヒップホップの成長を体験する一つの切り口になるかもしれない。

 

********************************************************************Y.K